海外に特許を出願する必要性と方法

Necessity and method of filing a patent in foreign countries

​海外に特許を出願する必要性と方法

Necessity and method of filing a patent in foreign countries
Please reload

外国に特許を出願する必要性

Necessity to file a patent in a foreign country

昨今、日本に限らずほとんどの国において、
特許権を取得する条件として、新規性(すなわち、発明が公知ではないこと)が要求されます。
また国によって基準が異なりますが、新規性に加えて進歩性(公知技術に対して当業者が容易に想到できないこと)も要求されます。
このような新規性・進歩性は先行技術を基準に判断されますので、特許出願を検討する際には、先行技術調査が必要不可欠です。
また先行技術調査は、特許出願以外においても有用です。
例えば、他社の同分野における先行技術は、自社製品の他社特許侵害の回避や、新たな研究開発の起点・ターゲットとなり得ます。

海外の特許を調べる方法

How to check overseas patents

各国で取得された特許権はその国のみで有効な権利ですが(属地主義の原則)、
現在、多くの国では、特許出願の新規性・進歩性判断の基準として、
国内外の先行技術を対象としています。
そのため、外国出願するときはもちろん、日本で国内出願する場合であっても、
海外の特許文献を調査する必要性が増えています(近年、日本の特許庁では、
審査において英語やドイツ語の先行技術文献も積極的に調査する傾向があります)。
海外の特許文献を調査する場合のテクニックの一つとしては、
所定の基準で規定された特許分類を活用する方法があります。
現在、使用頻度の高い特許分類は、国際特許分類(IPC)、ヨーロッパ特許分類(ECLA)、
米国特許分類(USPC)です。
これらの特許分類を利用した調査は、次のような機関が運用しているツールで行うことができます。
以下の表に、典型的なツールを幾つか列挙しています。

例えば技術分野から検索する場合には国際特許分類(IPC)などを利用することで、
簡易に調査を行うことができます。
一方で、意図する先行技術文献を精度よく調査するためには、
複雑な検索条件式等を導入する必要があり、専門的なスキルが要求されます。
弊所では、このような特許調査も広く承っておりますので、ご相談ください。

パテントファミリーを調べる方法

How to find a patent family

例えば他社の技術について、どのような国に出願され、また、どのようなステータス
(審査中?or拒絶確定?or特許査定済?)にあるのかを調べたい場合に有効な調査方法が、
「パテントファミリー調査」です。
このようなパテントファミリー調査が行えるツールとしては、欧州特許庁のEspacenetをはじめ、米国、欧州(EPO)、中国等の特許庁でも日本特許庁の電子図書館(IPDL)と
類似のツールを提供しています。
中でも、欧州特許庁のEspacenetは多くの言語に対応しており、最も充実したデータベースですので、非常に強力な調査ツールと言えます。
一方で、特許情報のデータベース化が十分に整備されていない国もありますので
調査に限界があることも否めませんが、Espacenetでかなりの範囲をカバーできるでしょう。
このようなパテントファミリー調査もコツがいるため難しいところもありますが、
弊所では経験豊富なスタッフが対応しますので、お気軽にご相談ください。

〒108-0073

東京都港区三田三丁目13番16号
三田43MTビル13階
TEL. 03-5419-6611
FAX. 03-5419-6612
営業時間 9:00~17:30

  • Twitter - White Circle
Copyright (c) 2014-2017 Seishin IP Patent Firm, P.C. All Rights Reserved.